BABEL

 

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記

Comment (0)  Trackback (0)

中盤戦を終え

野良屋も少しづつ落ち着きを取り戻してきた
なんとか遠征メンバーに選出されることができた
サロウもハニスタも問答無用の優しさで俺を応援してくれて

その姿を見る毎思うことが、少し変わった気がした

少し前もサロウは俺を頼ってくれて、なんとか彼を元の姿に戻すことが出来た
彼の満面の笑みを見てから
また俺の生活が変わった

誰も一人では生きて生きないということ、誰もが誰かの一番大切な人であること
それを教えてくれる他人がすぐ触れることの出来る距離に居てくれることを
俺は幸せに思う。

今まで精一杯に生きてきた27年間は、他者に誇れるものでは無かった
それでも、そう生きてきたからこそ伝えられなかった言葉も、うまれなかった感情も
「そんな人生を生きてくれてありがとう」
と受け入れてくれる他人がいることを、2人に出会って知ることが出来た。

俺は、どんなに自分に自信が無くとも、それでいいと言ってくれるひとのために
胸を張らなければいけない。

人間のこころを動かすことが出来るのは、人間だけだ
スポンサーサイト

Comments






プロフィール

nora

Author:nora

検索フォーム
111
12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。